上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今年をジャンル別で振り返ってみる。
アニメ、ラノベ、PCゲームの3ジャンル。
マンガは詳しくないので割愛。
あくまで主観。

■アニメ

自分があまりアニメをみない人なのでここは手抜き(ぉ
しかも何あったかあまり覚えていないw
しかし、今年はなんといってもギアスとマクロスでしょう。
クオリティだけ見れば1ランク違う気がする。
でも好き嫌いは分かれそう。特にマクロスFは文句をつけたい部分も多々あり。

クオリティといえばef(1期)もなかなか。
原作を壊さずよりよく改変出来たいい成功例。
ネタ的にはパンツじゃないから恥ずかしくないもんがヒット。
某掲示板では異様に人気が。

個人的にTOP3はなんだかんだいってギアス、マクロスF、ARIA(3期)。
俗・絶望、香辛料、ひだまり365、かんなぎ等、良作も結構あった。
結局truetears年内に見れなかったので入ってない。

参照:最終結論 2008年アニメTOP5(アルファルファモザイク)

■ラノベ

・アニメ化の年。
狼と香辛料、とらドラ、禁書、我が家のお稲荷様、シゴフミ、図書館戦争etc

・良作は続刊ものが多く、新シリーズは不作の年
おそらく「このラノベが凄い」もいつもより変動はないのでは?
『とある航空士の記憶』は安定として田中ロミオは食い込むかな。
あとは生徒会の一存や俺の妹が(ryが入るかも?

・マリア様がみてる完結
本当は個別エントリで書こうと思ったけど時間がないので急遽ここに。
いや、まさかここで終わるとは思ってなかったのでショック。
祐巳が卒業するまではやるかなと思っていたので。
あくまで祐巳と祥子だったんですな。
瞳子の話の山をスールになるまでにしたのはこのためかと納得。
まだアニメ4期やスピンアウトがあるみたいなのでマリみてはまだ終わらんよ!
というわけで新年になったらマリみて34冊再読します。

TOP3は…ってこれまた今年発売のはあんまり読んでない罠。
今年の中では『とある航空士の記憶』かなぁ。面白みがなさすぎるチョイスだw
ラノベ特有の切ない系なので、ご都合主義ハッピーエンドが好きな人にはお勧めしない。
それ以外の人には文句なしでお勧め。

ラノベでも今年発売でもないけど、今年読んだ中で一番も面白かったのは『荊の城』

参考:
2008年ライトノベル十大ニュース(まいじゃー推進委員会!)
年末恒例2008年個人的ベストライトノベル!(拡大版)(フランskin)

■PCゲーム

・バグ、未完成と期待はずれの1年
前者はGarden、まじかる☆プリンス、魔法少女アイ3等
後者はAlivez、ティンクル、メギド等
他にも前作スタッフが全く関わってないつよきす2学期やそれちる完全版といった地雷も。

・大穴
過剰期待される傾向に。そのせいか前評判が高くないものが評価を得る。
るいは智と呼ぶ、Backstage、コンチェルトノート、スマガ等

・無難な良作
突出したものはないが安定した作品が多くでる。
さくらシュトラッセ、PrincessFrontier、11eyes、てとてトライオン等

これまたTOP3が決めにくい…
個人的にはG線、るい智が頭ひとつ抜けてるかな。
ほかは同じような感じ。
今年やったものの中なら去年の冬コミ発売の同人のひまわりが入るかな。
スマガはやってないので入ってません。あとADV以外のジャンルも。

参考:2008年の10大エロゲニュース


こんな感じで08年は終了。
スポンサーサイト

2008.12.31 Wed l 雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://twinklestar888.blog44.fc2.com/tb.php/99-ead6aa43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。